アットベリー iライン

MENU

アットベリーはiラインに使用できる!?その際に気を付けることは?

色素沈着の黒ずみを改善できると評判のアットベリー

 

デリケートゾーンの一つであるiライン

 

アットベリー iライン

 

中には、黒ずみになってどうにかしたいと思う人も・・・。

 

でも、大事な場所だからこそ、お手入れのクリーム選びも慎重になります。

 

今回は、アットベリーとiラインの関係について調べてみたいと思います。

 

 

アットベリーはiラインにも使用できるのか?

 

アットベリーは脇のケア商品として開発された物になります。

 

実際に調べてみると

ワキ以外の黒ずみにも効果があった

との声もたくさんある事がわかりました。

 

 

その中の一つの場所がiラインになります。

 

 

近年では、iラインの脱毛やお手入れをする人も増えてきていますよね。

 

ワキなどのように自己流で間違った脱毛処理をしていると色素沈着がおきて、黒ずみが発生してしまうという事態になってしまいます。

 

アットベリー iライン

 

 

また、脱毛後の皮膚も非常に乾燥しやすい状態になっていて、保湿する事も重要になってきます。

 

本当に身体にとって、どこの皮膚にも保湿成分は欠かせないのですね!!

 

 

アットベリーは、着色料や石油界面活性剤、シリコン、鉱物油、紫外線吸収剤、アルコール、パラベンの全てが無添加となっています。

 

アットベリー iライン

 

肌にも低刺激で作られたクリームなので、iラインにも使用している人が多いようですね。

 

アットベリーは、お肌に優しい素材で作られたクリームなので、iラインにも使用できるようですね。

 

しかし、デリケートな部分なので心配な方は皮膚科などで医師に相談してみることをおすすめします。

 

 

iラインに使用する時の注意点

 

iラインは、女性の中でも特に重要な肌の部分の一部であります。

 

アットベリーは、iラインにも使用できる可能性が高いですが、いわゆる粘膜部分(ピンク色の部分)には、使用を避けた方が良いと言われています。

 

 

これは他の化粧品や肌も同様なのですが、粘膜部分に使用してしまうとかえって負担をかけてしまいます。

 

かゆみや刺激を受ける可能性があるのです。

 

なので、大体使用できる場所としては、小陰唇の周りになってくると思います。

 

 

iラインに使用する際は、塗り方にも最新の注意が必要になります。

 

 

まずは、アットベリーを塗る手を清潔にします。

 

そして、一度にたくさん塗るのではなく、少量を数回にわけて様子を確認しながら塗っていく必要があるのです。

 

アットベリー iライン

 

面倒臭いと思う人もいるかもしれないですが、本当に1日に2〜3回とこまめに分けて塗っていく必要があります。

 

 

そして、使用中に少しでも違和感を感じたら使用を中止する事をおすすめします。

 

アットベリーをiラインに使用する時は、皮膚に刺激がないか確認をおこないながら塗っていく必要があります。

 

iラインの黒ずみにもアットベリーはおすすめですが、肌トラブルを防ぐためにも丁寧に塗る必要があります。