アットベリー 妊娠中

MENU

妊娠中にアットベリー使った際の落とし穴!赤ちゃんへの影響は?

ワキのケア商品として注目されているアットベリーは、ワキだけでなく二の腕、ちくびなどの黒ずみにも効果があるということです!

 

しかし、妊娠中でも使用してもいいのでしょうか?

 

アットベリー 妊娠中

 

妊娠中は体の変化が著しいですし、胎児のことも気になりますね。

 

また、もし、妊娠中に使用するときはどんなことに気をつければよいのでしょうか?

 

 

アットベリーは妊娠中にも使用できるの?

 

女性の体は思春期以降、生理や排卵があり、デリケートな時期があります。

 

ましてや妊娠中というのは、身体的にも精神的にももっとデリケートになりますね。

 

アットベリー 妊娠中

 

妊娠初期には、つわりがある人も多いですね。

 

そんな時、ワキやちくびもメラミン色素が多くなり黒ずんできたことで悩む人もいるかもしれません。

 

妊娠中は、ホルモンのバランスが崩れやすくなり、肌があれる人も出てきます。

 

アットベリーは、添加物もなく日本製で安心な製品ですが、妊娠中の使用はあまりおススメしないということでした。

 

やはりデリケートな時期だからですね。

 

 

アットベリーを妊娠中に使う際の注意点

 

妊娠中には、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンが増え、黒ずみは薄くならないということです。

 

これは、出産して授乳が終わるまで続きます。

 

そして、その時期が終わると、自然に黒ずみは薄くなって来るのです。

 

ですから無理に治そうとしなくても大丈夫だということですね。

 

自然に肌が回復してくるのを待ちましょう。

 

でもアットベリーを使用するときには、主治医の先生に相談しましょう。

 

そして、使用する際には、必ずパッチテストをしましょう。

 

アットベリー 妊娠中

 

パッチテストとは、二の腕に10円玉サイズくらいにぬって24時間放置します。

 

特に皮膚にかゆみやひりひり感が無ければいいのです。

 

髪の毛を染める時にもパッチテストをしますよね。

 

それと同じです。

 

 

アットベリーは、安全な成分で作られていて副作用などはありませんが、妊娠中というデリケートな時期ですので慎重に使用してください。

 

また、産後、授乳中などの時期にちくびや乳輪は赤ちゃんが口にするところなので、使用はしないようにしましょう!

 

主治医の先生とよく相談の上、使用することをおすすめします。